image

男女の産み分けは可能か?医者の立場からアドバイス

【男女の産み分けは可能か?】

基本的に、男の赤ちゃんと女の赤ちゃんは必ずほぼ半々
(正確には、わずかに男の赤ちゃんのほうが多い)の確率で産まれます。

理由は性別がどうやって決まるかを知っていればわかります。

人間の染色体は23組ありますが、
性別を決める性染色体がXYの組み合わせなら男、
XXの組み合わせなら女の子になります。
まれにXXY、XXXY、Xのみといった場合があります。

 

X精子は酸性に強く、Y精子はアルカリ性に強いと言われます

膣内は酸性なのであらかじめ精子はY精子が多くなっています。

スポンサードリンク

よく知られているのが「女性がオーガズムを感じれば膣内がアルカリ性になり男の赤ちゃんが産まれやすくなる」という説です。

もっともらしい説なのですがこれに関してきちんと調査した医学論文はみつけられませんでした

(いつ性交したか、オーガズムを感じたかといったプライバシーに関わる調査を
多くの人を対象に正確に行なうのは困難です。
そもそも、男女が産まれる確率がほぼ半々なので、
まったく意味のない産み分け法を実践しても半分の人は希望がかなうのです。)

膣内を酸性あるいはアルカリ性にするゼリーを挿入するという方法もあるようです。

なお、これらの方法について産婦人科の教科書には記載されていませんし、医学部でも習いません。

産み分けを指導している産婦人科医も(倫理的な問題もありますが)ごく一部です。

100%の方法ではないということを理解する必要があります。

また、パーコール法という方法があります。
女の赤ちゃんを希望する人むけに、精子をパーコール液という液に入れ遠心分離器にかけ、
X精子とY精子を分離し、採取したX精子を子宮に入れるという人工授精のことです。

ただしこの方法は産婦人科学会から「科学的根拠はない」とされています。

なお、男性が55歳を超えるとY染色体を持つ精子の数が減り
子どもが女の子になる確率がほんの少し増えることがわかっています。

男の赤ちゃんしか欲しくない、女の赤ちゃんしか欲しくないといった両親のもとに、
希望と違う性別で産まれた子どもはそのことを感じ取ると言われます

中には希望の性別でなければ中絶する人もいますが、
性別に関係なく、せっかく授かったわが子を大事に育ててほしいと思います。

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

コメント

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。

スポンサードリンク

人気記事

  1. picture_infertility_2_1
    子宮卵管造影検査(HSG)とは子宮の入り口から造影剤を注入し、X線写真を撮る…
  2. shutterstock_116541337
    妊娠しやすくなる食べ物について不妊症サプリメントの代表的なものは葉酸ですが、医師の立場か…
  3. image
    【男女の産み分けは可能か?】基本的に、男の赤ちゃんと女の赤ちゃんは必ずほぼ半々(正確には、わ…
  4. lgf01a201409070700
    性交後検査とは、フーナー検査 フーナーテストとも呼ばれ排卵日予定の前後に性行為を行い子宮…
  5. img_04
    不妊の原因を調べる 性交後検査(フーナー検査 フーナーテスト)とは、3~4日禁欲して、医師の…
  6. shutterstock_182484359
    不妊治療するには、まず不妊の原因を調べる為に一般的な検査として1、基礎体温測定2、超…
  7. kisotaion
    基礎体温の平均って何度ですか?いつからいつまでの体温を平均したらいいのですか?基礎体…
  8. Fotolia_45801193_Subscription_XL
    高齢出産って何歳から?高齢出産のリスクと覚悟35歳以上で初めて出産する場合を高齢出産といいます。…
  9. Fertility chart. Naprotechnology.
    基礎体温がバラバラで安定しない基礎体温のグラフがガタガタで、排卵日が分からない   基礎…
  10. 78685f86b3621ab614f5b049f6b14ab5
    基礎体温測定の意義なぜ基礎体温測定をしなければいけないのか?それは、排卵日を知る必要があるか…
PAGE TOP